重複を調べる

同じデータが重複して入力されたら

「重複あり」と表示できるシートを作るには、

COUNTIF関数とIF関数をセットで使う。

まずCOUNTIF関数で、

C列に入力されたデータを調べて、

個数をB列に表示する。


例えば、B3セルには「=COUNTIF(C:C,C3)」という式
範囲を「C:C」とすると、C列全体が指定できる。
これでC列を調べて、C3セルのデータが1つだけ(つまりC3セルだけ)入力されていれば「1」
2個以上(つまり他のセルにも)入力されれば「2(以上)」が表示される。
=COUNTIF(C:C,C3)

A列にIF関数の式を立て、
B列のデータが2個以上なら「重複あり」
そうでなければ(つまり1個なら)空欄
=IF(B3>1,"重複あり","")


リンクのファイルについて                               
2013年12月17日にこのブログは閉鎖になります
移転先
おジさん学習帳 from DTI
 

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

クリック募金

OpenOffice.org 記事一覧

LibreOffice日本語HP

ダウンロードも ここからできます

LibreOffice 記事一覧 1

LibreOffice 記事一覧 2

LibreOfficeForum.org

LibreOfficeForum トピック作成

Kingsoft Office 記事一覧

ヴァイオリニスト松尾依里佳


ヴァイオリニスト松尾依里佳

カウンター

Search

Appendix

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/