ページの行数と文字数を設定する LibreOffice Writer

LibreOffice Writer で 1ページあたりの行数・文字数を設定する場合
1.[ツール]→[オプション]で[オプション LibreOffice Writer - 全般]を 確認する
 文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)にチェックが入っている (重要!)

2.[書式]→[ページ]
3.[ページスタイル:標準]画面 [行数と文字数]タブ
4.グリッド線欄 「行数と文字数を指定する」にチェックする
5.行数と文字数の設定欄
  ページ単位の行数 設定可能行数が (1-24)
  行単位の文字数 設定可能文字数が (1-24)

 ですから
  1文字の最大サイズ [20.00pt]を 小さくする
  ▼を クリックし続けると 
  ページ単位の行数の設定可能行数の範囲が広がる 「24」から増える
  設定したい行数(35行で 練習)まで 数値が増えたら
  「20.00pt」から「10.80pt」になったら (1-35)になる

  ページ単位の行数を 設定する 「35」 この時点では 行単位の文字数に変化はない

  一度 [OK]をクリックし [ページスタイル:標準]画面を 閉じる
  もう一度 [書式]→[ページ]で [ページスタイル:標準]画面を 開く

  行単位の文字数が 設定可能文字数の最大値になっている

ここから 行単位の文字数を もっと増やしたい場合 (たとえば 35行x50字の場合)
  1文字の最大サイズを もっと小さくする
  この場合は 目安になるものが無いので 思い切って多めに減らす「9.00pt」位?

  [ページスタイル:標準]画面を 一度 閉じて また 開く
  行単位の文字数が 設定したい字数より上回っている場合は そのまま 減らす


確認のため もう一度 [ページスタイル:標準]画面を 開く 
  行単位の文字数の設定可能範囲が (1-53)から(1-50)に変わっている

逆に 文字数を少なくしたい場合 35行x35字の場合
  行単位の文字数を 設定したい数値まで 少なくする
  ページ単位の行数が減り、1文字の最大サイズが大きくなる

  ページ単位の行数の設定可能範囲が希望の数値になるまで
  ルビ文字の最大サイズを減らす

  ページ単位の行数を 設定する (35行) [OK]クリック

確認のため もう一度 [ページスタイル:標準]画面を 開く
  行単位の文字数の 設定可能範囲が (1-44)だったのが (1-35)になっている

[オプション LibreOffice Writer - 全般]

文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)

チェックが入っていない場合

設定した行数より 実際は 1・2行少なくなっている


重要!

[オプション LibreOffice Writer - 全般]で

文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)

チェックが入っている


確認のために 

[ページスタイル:標準]画面を もう一度 開く

行数と文字数を設定した場合

[文字」の「間隔」を広げる [均等割り付け]は 使えません


Windows 7 64bit では

「両端揃え」を 利用した[均等割り付け]も 使えません


※ Windows Vista と Windows XP では 
「両端揃え」を 利用した[均等割り付け]は 使えました


リンクのファイルについて                               
2013年12月17日にこのブログは閉鎖になります
移転先
おジさん学習帳 from DTI
 

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2011-04 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリック募金

OpenOffice.org 記事一覧

LibreOffice日本語HP

ダウンロードも ここからできます

LibreOffice 記事一覧 1

LibreOffice 記事一覧 2

LibreOfficeForum.org

LibreOfficeForum トピック作成

Kingsoft Office 記事一覧

ヴァイオリニスト松尾依里佳


ヴァイオリニスト松尾依里佳

カウンター

Search

Appendix

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/