Writer : ワープロ機能 3 均等割り付け  LibreOffice Writer

何度も 書きますが LibreOffice Writer には 均等割付はありません
しかし このようには 設定できます

上の「カルチャースクール開講」は 行の中で 均等に配置されています
下の「カルチャースクール開講」は 13文字分で 均等に配置されています
行で 均等配置 の方法
・ 「カルチャースクール開講」の段落を選択
・ メニュー[書式]→[段落]
・[段落]ダイアログボックス [配置]タブ オプション欄 両端揃え 「最後の行」で 両端揃え
段落の文字を均等に配置した

11文字を 13文字分に 均等に配置する方法
・均等に配置したい文字列を選択
・メニュー[書式]→[文字]
・[文字]ダイアログボックス [位置]タブ 文字間隔欄 「広くする」 間隔「4.8pt」

※ 文字が11文字なので 間は「10」 「24pt」の文字が 2文字分=48pt 48pt÷10=4.8pt
文字と文字の間を 4.8ptの幅に広げる 間が 10か所あるので 48pt(2文字分)増える

応用

受験対象・受験日・申込先・担当の位置での 均等配置
ちょっと見では 均等割付の見える
実は 表で作成し 罫線を非表示にしてある
表にすることで それぞれのセルが 段落になるので 行での均等配置が使える

元の状態

左の列を 列ごと選択

メニュー[書式]→[段落]
[段落]ダイアログボックス [配置]タブ オプション欄 両端揃え 「最後の行」で 両端揃え
[OK]クリック

表全体を選択 (表の左斜め上へ マウスポインタを置き クリックする)

[表]ツールバー [外枠]で 「枠なし」を選択

結果 

編集画面では 線があるように見えるが 印刷プレビューでは 


重要!

通常の文章の場合は [ツール]→[オプション]

[オプション]画面で 「LibreOffice Writer」選択 「全般」選択

オプション - LibreOffice Writer - 全般 画面の右側
□文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)のチェックを外す


ページスタイルで 行数と文字数を指定した場合も
【 □文字に合わせたマスを使用する 】のチェックを外す

マスを 使用すると いうことは 

マス以外の位置(微妙な位置)へ 文字を配置できない


リンクのファイルについて                               
2013年12月17日にこのブログは閉鎖になります
移転先
おジさん学習帳 from DTI
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

« MicrosoftOffice Word と比較する LibreOffice  | HOME |  インデントを使う LibreOffice »

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

クリック募金

OpenOffice.org 記事一覧

LibreOffice日本語HP

ダウンロードも ここからできます

LibreOffice 記事一覧 1

LibreOffice 記事一覧 2

LibreOfficeForum.org

LibreOfficeForum トピック作成

Kingsoft Office 記事一覧

ヴァイオリニスト松尾依里佳


ヴァイオリニスト松尾依里佳

カウンター

Search

Appendix

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/